夏休み 那須(茶臼岳)登山

12. august. 2011y.

栃木県の実家での二日目、思いつき 天気が良かったので、

那須の山に、美味しい空気を吸いに出かけました。

約、2年ぶりの那須(茶臼岳)登山となります。

茶臼岳(ちゃうすだけ)は日本百名山のひとつで、

那須岳の主峰となる山だそうです。

また、この山の標高は1915mで、日光国立公園に属していて、

数枚の溶岩流、火砕流、頂部の火砕丘、

溶岩円頂丘から成る成層火山のようです。

東京からだと、東北自動車道の那須インターから、

道が空いていれば県道17号線(那須街道)で30分前後で、

ロープーウェイの那須山麓(さんろく)駅に着きます。

ボクは、大田原市から、一般道で新幹線の那須塩原駅、

那須アウトレット経由(みたいな)で、那須に向かいました。

那須塩原駅を背に、53号線をひた走り、つきあたりの、

30号線を右に曲がって、しばらく走ると、那須街道と交差します。

ここを左に曲がると、あとは道なりに走れば山麓駅に着きます。

ナビ付きの車の人は、那須山麓駅を目的地にセットすれば、

迷うことなく、行くことが出来ます。(笑

ということで、朝9時少し前に、那須山麓駅に到着しました。

地震や、福島原発の放射能漏れの影響がないかのように、

第一駐車場は既に満車状態だったので、

ボクは第二駐車場に車を止めました。

画像


ロープーウェイの山麓駅で切符を買います。
大人(中学生以上)片道650円、往復1100円(割安)です。

詳しくはココをクリック

画像


駅の中には、うどん屋さんやおみやげ屋さんがあります。
もちろんトイレもあります。

画像


ロープーウェイに乗る人たちが、既に沢山並んでいます。
でも、大丈
現在の車両は、一回に111人も乗車出来るんです。

画像


「りんどう号」
この車両はりんどう湖ファミリー牧場行きです。(冗談です)

画像


いよいよ出発、約3分で、終点の山頂駅に着きます。
ちなみに、駅はこの二つだけです。(笑

画像


山頂駅付近から茶臼岳を見上げた風景です。

画像


山頂駅には観光客や登山をする人たちが沢山いました。
ボクたちもレッツラゴ―です。

画像


茶臼岳に咲く花、御蓼(オンダテ)、ちょっと、地味な花です。
りんどうの花が見たかったなぁ~

画像


山道は、砂利道から岩場へと・・・

画像


画像


途中、山登りをしている蝶(ちょう)や、トカゲくんに出会いました。(違

画像


画像


上の写真は、頂上付近から下を見下ろした感じです。
山の周りには、もやがモヤッと、かかっていたので、
下界の風景は見えなかったのが、残念でした。

画像


頂上にある鳥居、この鳥居をくぐると御利益があるかも?

画像


記念に一枚 カシャ
隣に写っているのは、次女の旦那さんです。

画像


一番高い所に、石を置いて、標高を10㎝高くしました。(笑

画像


登山の途中で見かけた、ゴジラ岩(上)とロックバイタ―岩(下)
ロックバイター=ネバーエンディング・ストーリーで出てきた岩の人
岩の名前は、ボクがつけました。(笑

画像


硫黄の臭いや美味しい空気を沢山吸って、山を降ります。

画像


登山道の岩場には、ロープが張られているので、
クロックスサンダルでも安心して歩くことが出来ます。

画像


ちなみに、ロープーウェイの山頂駅に、
足の洗い場と、トイレもあります。
(山頂駅から茶臼岳山頂間の登山道には
トイレの設置がありません。)
山歩きは往復で、おおよそ2時間前後です。

画像


帰りのロープーウェイからの写真です。

画像


画像


山頂駅3連発でした。(笑

画像


山麓駅の駐車場です。ボクたちが山登りをしてる間、
この駐車場のどれかの車の中で、次女がお昼寝をしていました。
ちなみに駐車料金は無料です。

画像


帰りの途中で気がついたのですが、
地震の被害の影響なのか、那須高原の展望台が閉鎖されていました。
それから、那須有料道路の料金所がなくなっていました。

画像


茶臼岳の山登りは、健康やストレス解消など、
ボクの体には、とてもベストな環境だと思います。
また、機会があれば、ぜひ挑戦したいと思います。

おまけ
画像


そして、そのあと、次女の強い希望により、
那須テディベアミュージアムへ行ったのでした。
画像


となりのトットロ~ トット~ロ・・・おしまい




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック