折れた兎(うさぎ)の耳

夜から急きょ福島へ車を引き取りに行く事になりました。

東北新幹線の東京ー那須塩原間の運転が再開したので、

お客さんと、那須塩原で待ち合わせをしました。

画像


駅を出ると、駅前には、岩手県や福島ナンバーの沢山の車が、

まるで、乗り捨てられたかのように、駐車してありました。

画像


その光景は、東北大震災に遭った人たちの、

とてつもない恐怖を物語っているように見えました。

(中略)

画像


お客さんを送った帰り道、国道4号線を走っていると、

明かりの消えた、スタンドに20台ぐらいの車が並んでいました。

翌朝の開店を待って、一晩中並んでいるみたいでした。

しばらく走って福島の白河インターから東北自動車道に乗ると、

実家のある、西那須野塩原インターへ向かいました。

高速道路を走っていると、随所に道路の補修跡がありました。

そして、福島方面に向かう、自衛隊の車や、消防車、

救援物資を載せたトラックと、すれ違いました。

夜中の1時過ぎだというのに、他県から、被災者のために、

救援に駆けつけている車のようでした。

なんか、頭が下がりますね~

途中、那須高原サービスエリヤで、夕食を食べようと、

食券の自動販売の前で、何にしようか迷っていたら、

後ろから、たくさんの消防士さんたちが来たので、

ボクは、慌てて場所を譲りコンビニでお弁当を買うことにしました。

施設から外に出るとパーキングエリアの駐車場には、

画像


長野県の消防車が止まっていました。

きっと、被災地から帰る途中の

救援部隊の人たちだったのでしょう。

疲れた顔してたもんな~

夜中まで、お疲れさまですと、心の中でつぶやきました。

また、車にガソリンがあまり入っていなかったので、

取り合えず、パーキング内のガソリンスタンドで、

給油をする事にしました。一般車は、2000円分ですけど、

ガソリンを入れる事が出来ました。

ということで、実家に到着、眠かったので、すぐ寝ました。

翌朝が覚めて、部屋の中をよく見たら、

ギョギョ~~

画像


内壁は落ちているし、クロスに亀裂が入っていました。

外に出ると、家の周りに割れた窓ガラスや、

沢山の瓦が落ちて、瓦礫(がれき)と化していました。

画像


画像


そして、屋根は青いビニールシートで覆われていました。

家傾いちゃったかなぁ~

というわけで、

壊れた部分の、後片付けと、家の中の掃除をしました。

今、私に出来る事・・・

一人の力は、小さいけれど、頑張るぞ~3!

なんか、親父一人だと生活が大変そうなので、

「母は病院に入院してる事だし、取り合えず、うちの家に来ない?」

と、父に訪ねてみたら、

「ここで暮らすから大丈夫だよ。」と帰ってきた。

ボクに似て、 ごうじょっぱり(頑固)です。

しょうがないので、つぎに実家に行くときには、

計画停電に備えて、ローソクや懐中電灯、

それと、雨漏れに備えて、バケツなどの、

救援物資を届けようと思います。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック