オリンピックなど都政について思う事


テレビのニュースなどでオリンピックフルマラソンの開催地に関する騒動を見ながら不快な気持ちになる今日この頃です。このオリンピックに関し何兆円もの膨大な東京都民の税金が使われているようだけど、オリンピック開催で、得をする人と、損をする人に二分すると、損をした人はオリンピックに特にかかわりを持たない数多くの都民だろう。
アメリカのトランプ大統領がアメリカファーストとよく言葉にする。また、報道などでオリンピックは、選手ファーストといわれているが、ボクの周りの人たちは、小池都知事にはそれとは別に都民ファーストでやってほしいと話している人たちが多い。たとえば、このオリンピックに掛かった費用を、もし将来的に高齢化社会における医療費や福祉の財源に確保したとしたら、東京都に多額の血税を納めてきた人たちに多少は還元することができただろうと。
小池都知事には約1400万人の東京都民の代表として、大切な税金を無駄に使われないように都政を運営し将来、住みやすい東京を築く義務があると共に、イコール小池都知事を批判する人たちは多くの東京都民の敵ということかも?
ちなみに、もし、東京都の承諾を無視して東京から、札幌に変更された場合は、東京都はIOCに対して、マラソンの整備に費やした費用の損害賠償を請求するべきだという意見が多いようだ。

1031 (2).jpg

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント